言語サービスに関するよくあるご質問(FAQ)

Aliseo Japanの翻訳・通訳サービスに関するFAQ

伊日、日伊、英伊翻訳、通訳サービスに関する質問とその回答


Aliseo Japanの翻訳、通訳サービスに関して何かご不明な点はございますか?このページに、我々のことをより良く知って頂くために、よくご質問される項目をQ&Aの形でまとめてみました。


  1. 「aliseo」とはどのような意味ですか?
  2. Aliseo Japanの翻訳者、通訳者は誰ですか?
  3. Aliseo Japanはどこにありますか?
  4. どのようなサービスを提供していますか?
  5. どのような言語組合せが可能ですか?
  6. 翻訳や通訳が専業ですか、それとも兼業ですか?
  7. 言語能力はどのように習得しましたか?
  8. フリーランス翻訳者とはどういう意味ですか?
  9. 自動翻訳ソフトを使用しますか?
  10. 予算があまりないので、Google翻訳などで自動翻訳したものを送ったら手直ししてくれますか?
  11. 技術翻訳にも対応していますか?
  12. 日本語からイタリア語への翻訳はどのような点が難しいですか?
  13. 大きな分量の翻訳も受けてくれますか?
  14. 翻訳原稿を送るのが約束の日より遅れたらどうなりますか?
  15. 発注後のキャンセルは可能ですか?
  16. 翻訳原稿はネイティブが書いたものであることが重要ですか?
  17. 翻訳原稿以外に必要なものはありますか?
  18. Aliseo Japanの翻訳品質は?
  19. Aliseo Japanの通訳品質は?
  20. 料金はどのように見積もるのですか?
  21. どのような支払方法が可能ですか?

「aliseo」とはどのような意味ですか?

「aliseo:アリゼオ」とはイタリア語で「貿易風」の意味です。北半球では北東、南半球では南東に吹く風です。帆船航海時代の商船にとって、この風にのることは大変重要なことでした。この風の応援を受けることで、太平洋をより速く、安全に渡ることができ、それによって貿易の効率を上げることができたからです。Aliseo Japanも現代の商船に吹く「貿易風」でありたいとの願いからこの社名を選びました。

Aliseo Japanの翻訳者、通訳者は誰ですか?

イタリア語を専門とする2名のフリーランス翻訳・通訳者です。翻訳会社や通訳派遣会社ではありません。

Aliseo Japanはどこにありますか?

静岡県熱海市に拠点を置いています。新幹線利用で、西日本にも東日本にもアクセスが良く、利便性と環境に恵まれた土地です。

どのようなサービスを提供していますか?

以下のサービスを提供しています:

翻訳

通訳(逐次通訳のみ)

どのような言語組合せが可能ですか?

翻訳:

  • イタリア語 → 日本語
  • 日本語 → イタリア語
  • 英語 → イタリア語
  • 英語 → 日本語
  • イタリア語 → 英語 (*)
(*) イタリア人による英訳につき、ネイティブではありませんので、外部のネイティブチェックを推奨します。

通訳:

  • イタリア語 ↔ 日本語
  • イタリア語 ↔ 英語

翻訳や通訳が専業ですか、それとも兼業ですか?

二人とも専業で翻訳および通訳に携わっております。

言語能力はどのように習得しましたか?

二人ともプロの翻訳・通訳者になる前は、グローバル企業に勤め、日々、イタリア語、日本語、英語と接し、それらをコミュニケーションツールとしてきました。また企業内での様々な文書の翻訳や、諸外国への出張、ビジネス会議、社内通訳など、実務的な言語能力を現場で習得してきました。つまり、社会に出る前の教育機関における言語学習にて習得した基礎的能力を、実践で磨いてきました(要望に応じ経歴書をご提示させていただいております)。1997年からは専業にて翻訳と通訳に携わっております。

フリーランス翻訳者とはどういう意味ですか?

外注で作業を振り分ける法人形態の翻訳会社ではなく、また特定の翻訳会社に所属せず、独立した個人事業主として翻訳や通訳を生業にしているという意味です。職業分類でいえば自由業です。

他の自由業(文筆業、弁護士、芸術家等)同様、フリーで成功するには、その専門的能力のみならず、マーケティングやオーガナイズ能力、クライアントとの交渉能力や責任感もとても重要な要素となります。

各言語の社内翻訳者を抱えている翻訳会社も多いですが、主要言語の組合せがほとんどで、イタリア語などの希少言語となると、外部のフリーランス翻訳者に外注し、各種校正作業(これもフリーランサーに外注されることが多いですが)やDTP(デスクトップパブリッシング、日本語で卓上出版)作業を付加して、クライアントに再販するのが一般的です。通訳に関しては、翻訳会社を通すと、フリーランス通訳者を派遣し、その派遣料が料金に上乗せされます。

自動翻訳ソフトを使用しますか?

いいえ使用しません。自動翻訳ソフト(機械翻訳)の開発が進み、翻訳レベルもかなり向上してきましたが、外国語で書かれたサイトなどのおおよその内容把握などには有用であっても、その精度や信頼性はまだまだ低いのが現状です。またイタリア語とスペイン語といったように、語源が近い言語間ではその精度が増しますが、日本語とイタリア語のように言語的相違が大きい場合は、自動翻訳ソフトを利用することには限界があるからです。近年、翻訳業界でも、自動翻訳ソフトにかけて一次翻訳してからそれを手直しして納品するという手法で、作業時間を削減し、低コストでサービスを提供しているところもありますが、特に日本語とイタリア語の組合せなどでは、品質の高い翻訳を提供するには、まだまだ人の手による地道な翻訳が欠かせません。

予算があまりないので、Google翻訳などで自動翻訳したものを送ったら手直ししてくれますか?

特にイタリア語と日本語の組合せのように言語的に大きく異なる組合せでは、自動翻訳されたものを手直しするのは、時にゼロから翻訳するより時間や手間がかかる場合があります。よって、直接原文から訳出した方が品質的にも、料金的にもお勧めです。

技術翻訳にも対応していますか?

はい、技術翻訳は当方が得意とする分野です。産業界における多分野にわたる経験から得た知識がその基礎となっています。また、異なる学習及び職業の経験を持つ二人のチームワークですので、お互いの知識や能力を補い合うことができ、より幅広い分野の翻訳に対応できます。

日本語からイタリア語への翻訳はどのような点が難しいですか?

日本語とイタリア語とでは、語順や文法が異なるのはもちろんのこと、特にその言語特性に違いがあることから、単純に言葉を置き換える直訳では訳文として不自然になってしまいます。また日本語では、主語やその性別、また単数か複数かを動詞から特定することができず、文脈から推測する必要がありますが、イタリア語では動詞の活用として、男性形/女性形、複数/単数があるため、それらが特定できないと文章を組み立てられません。さらに、日本語特有の表現は、時にイタリア語に対訳が存在しないものもあります(時候の挨拶、「お世話になります」「お疲れ様」等)。またイタリア語は、重複を極端に嫌う言語で、原文が同じ名詞であっても、わざと代名詞や別の言葉に置き換えたりします。このように言語特性が大きく異なる二つの言語の組合せで、原文を十分に理解した上で、自然な訳文を作るのは、それほど容易なことではありません。

大きな分量の翻訳も受けてくれますか?

基本的には分量に制限を設けてはいませんが、あまりに分量が大きく、かつ納期が厳しい、他のお客様の案件がすでに入っているなど、お断りせざるを得ない場合もあります。いずれにせよ、できる限りご希望に沿うよう努力はしますので、大量翻訳であってもまずはご相談下さい。

翻訳原稿を送るのが約束の日より遅れたらどうなりますか?

我々のようなフリーランス翻訳者の場合、スケジュール調整が大変難しく、一度受注してスケジュールを押さえると、他の仕事をお断りして予定を開けますので、お客様の都合で入稿が遅れた場合、改めてスケジュール調整をする必要があり、納期も大きく変更せざるを得ないことがありますので予めご了承ください。

発注後のキャンセルは可能ですか?

発注後の翻訳キャンセルは基本的にできません。やむを得ない事情によるキャンセルの場合は、その時点で翻訳済のページについてご請求させて頂きます。通訳のキャンセル料につきましては通訳のページをご参照ください。

翻訳原稿はネイティブが書いたものであることが重要ですか?

はい、とても重要です。特に技術マニュアルなどで日本人が訳した英語をイタリア語にする場合、英語原稿自体が分かりにくかったり、エラーがあったりすると、正しい翻訳が不可能だからです。ネイティブが書いたものでない原稿はネイティブチェックを受けるか、日本語の元原稿がある場合それも参考として送って下さい。

翻訳原稿以外に必要なものはありますか?

特に技術翻訳などで、対象機械の写真や図がある場合は参考資料としてご提供いただければ翻訳の大きな助けになります。同様に、特殊専門用語などで既に決められた固有名詞がある場合や、人名、会社名、土地名などの正式名称がある場合は事前にお知らせください。参考関連資料もあればお送りください。また、各種証明書のイタリア語訳をご用命の場合、原稿の固有名詞全てに振り仮名をつけたものをお送りください。また人名、特殊外来語(専門用語など)がカタカナ表記されている場合、わかる範囲でアルファベット表記も明記ください。情報が多ければ多いほど迅速、正確な翻訳の助けとなります。

Aliseo Japanの翻訳品質は?

まず何よりも重要なのは、イタリア人と日本人の共同作業で翻訳を進めることによって、原稿言語および訳文言語の完全なる理解が可能であるということです。さらに各言語のネイティブが訳文を仕上げますので、さらなるネイティブチェックの必要はございません。

また20年以上の翻訳経験に裏付けされた、適切な翻訳スタイルと訳語選択で忠実かつ読みやすい翻訳を目指しています。もちろんどんな翻訳者であってもあらゆる専門知識を身に付けているわけではありません。初めての分野、または特殊な専門知識を必要とする翻訳については、原稿を拝見してから、対応の可否を判断させていただきます。当然のことながら、専門辞書、書籍、インターネット等を駆使して、最も適切な専門用語を見つける努力や時間は惜しみません。それでも適訳がみつからない場合や、確信がない箇所がある時には、小さいこともないがしろにせず、訳注をつけてその旨お伝えいたします。

Aliseo Japanの通訳品質は?

イタリアと日本双方の文化、生活、ビジネス習慣を熟知しているからこそ可能な潤滑油的サポートを常に心がけています。機械的な言葉の入れ替えをするのではなく、お客様が何を求められているかをまず理解し、その目的達成を念頭に置きながらコミュニケーションをサポートします。 通訳経歴ページもご参照下さい。また、通訳サービスにおいても、翻訳サービス同様、専門用語など事前に目を通すことができる資料等ございましたら、なるべく早くご提示いただけると助かります。

料金はどのように見積もるのですか?

一般向け翻訳基本料金は、イタリア語→日本語、英語→イタリア語の場合は原稿1ワードにつき、日本語→イタリア語の場合は原稿1文字につき、各単価を設定しています。通訳の基本料金は、1日8時間の料金となっております(半日の場合は割引)。8時間以上の場合は延長料金が加算されます。

どのような支払方法が可能ですか?

日本国内のお客様は、指定銀行口座への振込のみとさせていただいております。詳細は各サービスのページをご覧ください。