技術翻訳は我々の主要取扱い分野です

» » 技術翻訳

イタリア語の技術翻訳

数多くの産業分野のイタリア語技術翻訳を承っています

技術翻訳とは?

技術翻訳とは、いわゆる「技術者」が作成する文書で、分かりやすく言えば、テクノロジーや科学的分野に関する文書全般を指します。機械IT電子再生可能エネルギーなど、その分野は幅広く、新たな研究、発見、発明など日進月歩であり、その関連専門用語も拡大し続けています。

当方では、日本語⇔イタリア語英語⇔イタリア語の技術翻訳も承っております:プロフィールページ(こちらからダウンロード)及び翻訳経歴ページをご参照下さい。

翻訳者がすべての分野の専門家であり得るでしょうか?

もちろんその分野で実際に経験を有する専門家が、翻訳者になったのであれば申し分ないのは言うまでもありません。どんなに長年その分野の翻訳を経験しても、実際の現場で学ぶ知識に勝るものはないからです。が、いかんせん、その道の専門家や技術者が翻訳者になる例はあまり多くなく、多くの技術翻訳は一般翻訳者に委ねられることになります。

そこで必要になってくるのが、最低でも的確な技術的基礎知識があり、できれば異種にわたるものであること。さらには技術的思考が備わっていることです。それによって専門家にとっては完璧ではなくとも理解可能な技術翻訳ができるのです。インターネットや専門辞書で用語を検索できるだけでは十分ではありません。なぜなら文脈よって訳語が異なる場合が多いからです。技術的な基礎知識があることで、特殊専門用語が完璧に訳出できない場合であっても、文脈に沿った適訳を選ぶことが可能となるからです。

今日の翻訳者にとって、最も優秀なパートナーはインターネットであることは間違いありません。多くの専門家の貢献により、かなり特殊な分野の知識であっても検索することができるからです(中には間違った情報も多く、すべて鵜呑みにするのは危険ですが)。しかしながら、インターネットで調べる作業は時間と労力がかかり、技術的な知識がない翻訳者にとっては時間との戦いとなってしまうのではないでしょうか。

技術的思考とは?

それは、技術文書の理解を容易にするものと定義づけることができると思います。技術的思考を持っている人は、まず技術文書を読み慣れていること、また技術文書に対する関心もあるため、その内容が頭に入りやすいのです。一方、この種の文書に慣れていないと、拒否反応から大きな壁を前にするように感じられ、簡単な概念さえ理解するのを難しくするのです。よって、技術的思考のない翻訳者が訳した技術文書は、技術者や高額機器のユーザー達にとって、解りづらい文章になりがちなのです(高額の製品を購入したのに、それに釣り合う取扱説明書ではないという経験はありませんか?)。

専門用語を知っているだけでは、完成度の高い技術翻訳を仕上げるに十分ではありません。技術翻訳の豊かな経験に加え、技術的思考を持ち合わせていることで、難解かつ不明瞭な箇所を解読する助けになるのです。

理論と体験

理論は学習で取得できますが、体験は実際の現場でのみ培われます。技術的分野を取り扱う現場での体験(技術者としてのみならず)は、技術的な基礎的知識の習得に非常に有益なものとなるのです。

優れた技術翻訳者であるためには、その基礎となる技術的知識の学習及び/又は技術分野における仕事の経験が必要と考えます。長年の理論の学習はもちろんのこと、直接の経験はさらに有益です。

技術的知識を持ち、長年、技術やテクノロジー分野での仕事の経験を経て翻訳者になった人と、大学で文学や言語を学び、そのまま翻訳者になり、翻訳以外の仕事の経験が皆無の人とでは、特に技術翻訳の分野においては、その品質に違いが出てくるのは当然のことのように思います。

言語や翻訳技術のみを学び、すぐ翻訳の仕事を始めた翻訳者の場合、文学的翻訳においては優れているかもしれませんが、技術的文書の的確な翻訳には難しさを覚えると思います。それが技術的知識や思考を持ち合わせた人が訳した文書であるか否かは、ユーザーである技術者が読めばすぐに分かってしまいます。技術的知識や思考があれば決して使わないような不適切な用語や言い回しが使用されていたりすると、その信頼は一気に崩れ落ち、翻訳者のみならず、間に入っている翻訳会社に対する信頼性も失うことになりかねません。そのような訳文には、的確な校正が必要となってきます。

技術翻訳においても文体は重要?

専門用語さえ調べがつけば、技術翻訳は容易であると考える人がいるようですが、それほど簡単なものではありません。技術文書には技術文書の書き方というものがあり、技術的文体というものがあるのです。

用語自体は正確に直訳してあるものの、読み難くわかり難い技術翻訳文書が多く出回っています。

また、特殊な専門用語は何とか検索できても、その分野の一般的な技術用語を知らないがゆえに、まったくその分野の知識を持たない翻訳者によるいわゆる素人的文書になってしまうことも多いのです。高額なテクノロジー製品を購入したプロフェッショナルユーザーが、素人が書いた意味不明な取扱説明書を読まされる時、どのような意見をそのメーカーに対して抱くでしょうか?また昨今、翻訳者の間でも、自動翻訳ソフトの使用が広がっており、さらに適切な文体を無視した文書が出回ることに拍車をかけています。

原文理解

原文の内容がしっかり把握、理解できていない状態で言葉のみを機械的に直訳したような技術文書を良く見かけます。それは、その分野の基礎知識がないことに加え、原文の執筆者であるクライアントの技術者が、同じ分野の技術者同士のみが理解できるような、あまり文章の体裁などに気を使わず書いた文書が多いことも原因のひとつです。

原文の完全な理解は、技術翻訳のみならずすべての翻訳における基本的要件であり、訳文の確実な理解のための前提条件です。さもなくば言葉をうまくつなげられず、分かり難い訳文になってしまいます。

そのような原文の場合、技術的知識がないと、まるで自動翻訳ソフトにかけたような分かりにくい直訳になりがちですが、技術的知識を持ち合わせた経験を積んだ翻訳者なら、不完全な原文の意味を経験によって理解し、原文の不備さえも補充し、最終ユーザーに正確に意味が通じるよう仕上げることも可能なのです。

技術翻訳
技術翻訳を得意としています
ほぼすべての分野の技術翻訳を手掛けています
翻訳料金設定
1文字 9円より
1ワード 14円より
翻訳会社向けには特別料金の設定がありますのでお問い合わせ下さい
このままおかけ下さい:
0465-438310