イタリア語、英語を専門とするフリーランス翻訳者です。

イタリア語のフリーランス翻訳者

フリーランス翻訳者とは言語分野における独立した自由業者

フリーランス翻訳者とは?なぜフリーランス翻訳者が翻訳業界で重要なのか?

フリーランス翻訳者という職業は、言語関連分野の事業では欠く事のできない存在でありながら、一般的にはあまり周知されていない職業ではないでしょうか。ここではフルタイムのフリーランス翻訳者にどのようになるのか、どのような仕事をしているのかをご紹介したいと思います。我々は日本語⇔イタリア語、英語→日本語・イタリア語のフリーランス翻訳者です。


フリーランス翻訳者とは?

社や団体に所属せず、仕事に応じて自由に契約する個人事業者として、翻訳を生業とする者を指します。多くの場合、複数の翻訳会社の外注翻訳者として仕事を請け負っていますが、最終クライアントから直接仕事を受けることもあります。どの職業のフリーランサーでも同様ですが、その成功は、自らの能力にすべてかかっています。翻訳の能力のみならず、自分を売り込むためのマーケティング能力や管理能力、クライアントへの誠実な対応など、厳しい競争を乗り越えるために、会社や団体の力を借りずに個人ですべてを切り盛りします。

通常、自身の母国語に関する翻訳を主に請け負います。中には、完璧なバイリンガル翻訳者もいるかもしれませんが、イタリア語と日本語などのように言語的に大きく異なる2言語の場合は、どちらの言語も高いネイティブレベルで仕上げるのはかなり難しいことです。

だからこそ、それぞれの言語を母国語とする翻訳者同士のチームワークは、より高度な翻訳品質管理にとても有効であり、日本語⇔イタリア語翻訳においてバイリンガルな翻訳を提供できるのです。

フリーランス翻訳者と翻訳会社の違いは?

>は翻訳の本当の意味での主役はフリーランス翻訳者なのです。翻訳会社は、社内翻訳者を数多く抱えている場合は別として、通常は、我々のようなフリーランス翻訳者に翻訳作業を外注し、その成果物(翻訳)をクライアントに再販する、いわゆる仲介業者の役割を果たしています。

もちろん翻訳会社の役割は、それ以外にも、多言語翻訳プロジェクトの管理やプルーフなどのプルーフリーディング、クロスチェックDTP、営業活動などといった、一人のフリーランス翻訳者にはできない要素も含まれています。

しかし、案件によっては、直接フリーランス翻訳者に依頼することで、クライアントと翻訳者双方にとって、経済面のみならず様々な点で利点があるのも事実です。

どのような場合にフリーランス翻訳者に直接依頼した方が利点が多いか?

とつの言語のみの翻訳を必要としている場合、フリーランス翻訳者に直接依頼することで、まず、料金的にかなり利点が生まれるでしょう。またもうひとつの利点として、翻訳者が、不明瞭な点を直接クライアントに問い合わせることができるため、迅速かつ、品質の高いサービスがのぞめます。

一方、取扱説明書などの多言語翻訳の場合は、翻訳会社に一括して依頼することで、一人のプロジェクト管理者が、全言語の翻訳者を一括して管理し、翻訳スタイルの統一なども図ることができるので便利です。ただそれらのサービスは翻訳料金に反映されてきます。案件に応じて使い分けることがクライアントにとって大きな経済的節約につながると思います。

プロのフリーランス翻訳者の翻訳料金はどのように計算される?

>訳料金にも、当然、市場の相場があります。そして、翻訳業界にもグローバル化の波は押し寄せており、新興国を中心に料金相場は下降の一途をたどっています。しかし品質を省みない価格競争は、良い翻訳者を育むことはできません。

実際、プロ(これのみで生計を立てる)のフリーランス翻訳者は、文字入力ができるPCさえ持っていれば仕事が出来るというわけではありません。絶えず新しくなるソフトウエアの導入や、翻訳業界が進んで導入しているCAT(翻訳支援ソフト)などの価格の張る投資、その他様々な周辺機器、通信費、社会保険など、すべて個人負担で賄わなければなりません。PC自体も、プロの翻訳者のPC平均耐用年数は約3年といわれ、3年に一度は入れ替えます。

ですから、フリーランスの翻訳料金には、仕事を成り立たせるための、これら様々な費用も含まれているのです。その上で、原稿の内容に応じ、実際の所要時間に見合った算出方法で見積もられています。

また、分量は1ページ程度のものであっても、その内容によっては、5ページ分相当の時間がかかったりすることもあり、単純に1文字いくら、1ワードいくらの定額をすべての案件に適用することが難しいのです。特に、特殊専門用語が多く含まれていたり、キャッチコピー的な表現が求められる企画書などのマーケティング文書など、案件ごとに所要時間が異なるためです。

Samuel Johnson

翻訳者は著者に近づかなければならないが超えてはならない。

Samuel Johnson
作家、詩人、エッセイスト、道徳家

プロフェッショナルなフリーランス翻訳者になるには?

ロフェッショナルなフリーランス翻訳者になるには、つまり中長期間、市場において成功を収める翻訳者になるには、c少なくとも次に挙げる要素が必要です。

  • 原文言語(我々の場合はイタリア語、日本語、英語)を熟知していること。 (我々の場合はイタリア語・日本語・英語)
  • 訳文言語を熟知していること (我々の場合はイタリア語と日本語)
  • 翻訳者としての素質があること(翻訳ができるということと、翻訳の素質があるということは、必ずしも一致しないものです)。
  • プロとしての資質があること(自己管理能力、マーケティング能力)
その上で、翻訳経験を積むことが必要になってきます。

さらに、特殊な専門分野などの翻訳を手掛ける場合は専門知識も必要となってきます。そして何より翻訳という仕事が好きであるということ。これは、家に閉じこもりがちで、社会との接触も少なく、ほとんどの時間をコンピューターの前で過ごす翻訳者にとって、かなり大切な要素なのです。

そして時には、翻訳といえど、文章的なセンスや創造性などが求められる文書も手掛けなければなりません。こればかりは、翻訳学校へ行けば習得できるというものでもなく、その人に備わった感性のようなものが役立つのかもしれません。

現実には:

  • 翻訳や言語専門学位を持つ優秀な翻訳者もいますが、言語専門学位がなくとも優秀な翻訳者もいます。
  • 専門学位を持たない二流の翻訳者もいますが、翻訳や言語専門の学位を持っていても二流の翻訳者もいます。
  • 翻訳家ではないけれど、その気になれば、優秀な翻訳家より上手に翻訳することができる人もいます。

どのようにフリーランス翻訳を選ぶか?

れは翻訳会社であれば、トライアル翻訳という形でテストをし、すでに出来上がっている雛形に沿って採点をし、合格点に達した翻訳者のみを登録していくという選択方式をとっているところが多いでしょう。しかし、対象言語の知識を持たないことの多い一般クライアントにとっては、トライアル翻訳で判断するということも難しいでしょう。一番簡単な選択方法としては、学歴を見て判断するという方法があります。この場合、もちろん翻訳対象分野に応じて異なりますが、往々にして、言語系の大学卒業資格や翻訳の専門教育を受けているかということを重視しがちです。

もちろん対象言語を熟知していることは最も重要な要件ですし、翻訳テクニックを専門に勉強することも、高品質な翻訳を仕上げるのに大変役立ちます。しかし、それだけでは十分ではないことも確かです。もうひとつ有効な選択方法として加えられるのは、そのフリーランス翻訳者の経験年数や翻訳経歴です。長年、フリーランス翻訳者として、この業界で翻訳のみで独立して生計を立てるというのはそれほど簡単なことではありません。しっかりとした実力に基づいた市場の評価が伴わないと、長年同じクライアントや翻訳会社から継続的に仕事を任せてはもらえないからです。また、実力があるだけではなく、納期を守り誠実に仕事をこなしてくれる相手であることも重要なポイントです。見積り依頼や問い合わせに迅速に明確な返答が帰ってくるかというのも、仕事に対する姿勢を見る重要なポイントになると思います。

もちろん、色々な側面から十分吟味して選んだはずの翻訳者でも、当然、当たり外れはあるでしょう。我々が、日々の生活の中で、建築家や弁護士や医者などを選らぶ時と同様に。

翻訳技術と言語感性

翻訳技術は、原文及び訳文の言語の文法、語法、文化などを習得した上で、熱意、努力、練習によってある程度は身に付くものですが、完成度の高い翻訳に仕上げるには、元々個々が持つ言葉に関する感性や、作文能力のようなものも重要な要素なのではないかと思います。翻訳とは単なる言葉の置き換えではなく、原文の文章全体の意図やニュアンスを、異なる言語で正確に伝える作業だからです。

イタリア語のフリーランス翻訳者がより良いサービスを提供するために必要なものは?

  • 原文はその言語(我々の場合は日本語、英語、イタリア語の何れか)のネイティブが書いたもの、もしくはネイティブのチェックを受けたものであることが望ましいです。原文の品質が、訳出に大きく影響するからです。ネイティブではない人が書いた原文は、時に正しく理解することが難しい場合があります。
  • 技術的な翻訳の場合は、参考資料(図、用語集など)を出来るだけご提供下さい。一般翻訳の場合であっても、例えば、ビジネスレターの場合など、その背景や前後のやり取りなどがわかれば、より適切な訳出の役に立ちます。雑誌記事などの翻訳であれば、関連写真などがあると文章の内容がつかみやすくなります。参考資料の提供があることで、質問などでお客様を煩わす必要がなくなる利点もあります。
  • できるだけ時間に余裕を持ってご依頼下さい。翻訳も、言ってみればクリエイティブなプロセスを必要とする作業ですので、時間に余裕があれば、何度か読み返しながら、完成度を高めていくことが可能だからです。