イタリア語翻訳チェック・プルーフリーディングの校正サービスも承っています。

イタリア語翻訳チェック・プルーフリーディング

翻訳された文章を改善するための翻訳チェック作業(イタリア語、日本語のみ)

完璧な翻訳は存在せず、常に改善点はあるものです。

翻訳業は、他の専門的職業の中でも、第三者によるチェックが要件となる数少ない職業のひとつです(翻訳に関するISO17100規格にも定義されているほどです)。しかしながらチェックやプルーフなどの校正作業は、業界の中でも様々な解釈の違いがあり、校正作業に混乱を生む原因ともなっています。


翻訳チェックサービス概要

訳を担当した翻訳者は、納品する前に訳文を見直し、訳抜けがないか、スペルミスや文法的な間違いがないかを確認しなければなりません(ISO17100定義:Checking/セルフチェック)。

しかし、それらの確認は主観的なものであり、時に間違いを見落としてしまうことがあります。そこで、専門のチェッカーもしくは相当要件を満たす別の翻訳者が、第三者の客観的な目で訳文を確認する必要があるのです。

翻訳チェック(ISO17100定義:Revision/バイリンガルチェック)は、単に文法、スペル、構文にエラーがないかの確認だけでなく、原文と訳文を照合し、訳抜けや誤訳などを見つけ修正します。どれほど言語的には優れた翻訳者であっても、あらゆる分野に精通しているわけではないため、専門用語が的確に訳出できていない場合などもあります。そのため、最終成果物を適切な翻訳品質に仕上げるには、第三者の確認作業が必要となってくるのです。

大半の翻訳においては、軽微なエラーであれば全体の内容に影響を与えたり、法的訴訟や事件に発展したりするようなケースは稀ですが、時に、ひとつの誤訳が、非常に重大なリスクや損害につながるケースもあります。優秀な翻訳者でも絶対に間違えないという保証はありません。そのためにも、第三者のチェックは不可欠なのです。もちろん絶対に間違えないチェッカーもいないのは事実ですが。

Aliseo Japanの翻訳チェック・プルーフリーディングサービスは、下記の言語組合せのみに対応しております:

  • イタリア語→日本語
  • 日本語→イタリア語
  • 英語→イタリア語
  • 英語→日本語

サービスをご依頼いただく前に、翻訳チェックとプルーフリーディングの違いについて、下記にて当方における定義を説明いたします。これらの用語は、翻訳業界でも使い方が一様ではありませんので注意が必要です。

翻訳チェック(Revision:バイリンガルチェック)とは

閲やクロスチェックと表現されることもありますし、翻訳会社の中にはこのバイリンガルチェックをプルーフリーディングと呼んでいるところもあります。ISO17100 では、「原文と訳文とを比較照合して、正確で用途に適した訳文になっているかと確認すること」と定義されており、認証を受けるためには義務付けられている翻訳後工程のひとつです。

特に、当該訳に間違いや不適切な表現があった場合に、生命や安全が危険に曝されたり、個人や団体のイメージが傷ついたりする翻訳案件には必須工程です。よってチェッカー(リバイザー)は、原文言語にも訳文言語にも精通している必要があるのです。

チェッカー(リバイザー)は、訳文を直接修正するのではなく、誤訳や訳抜けの「指摘」、より適切な用語や表現の「推奨」にとどめ、それらを翻訳者にフィードバックし、最終的な訳文修正作業は翻訳者に委ねることが本来望ましいプロセスなのですが、残念ながら多くの場合、チェッカーが訳文を直接修正し、翻訳会社はその修正を翻訳者にフィードバックすることなく、そのまま最終成果物として納品しています。

しかしこのプロセスは時に翻訳品質を悪化させる危険をはらんでいます。なぜなら、チェッカーが翻訳対象言語を母国語としない場合が多く(我々の例では、日本語→イタリア語翻訳を日本人チェッカーが修正する)、修正するはずが反対に間違いを取り込んでしまうことが少なくないからです。

また別のよくあるケースでは、チェッカーが翻訳対象言語に母国語であっても、原文言語を熟知していない場合(我々の例では、日本語→イタリア語翻訳をイタリア人チェッカーが修正する)、原文の照合が不十分で誤訳や訳抜けなどを見つけられず、単に自分の好みに合った類似表現に修正するにとどめ、まったく不要なチェックとなっていることもあります。

よって本来であれば、チェッカー(リバイザー)は、翻訳者と同等以上の高い言語能力を有し、翻訳対象言語を母国語とし、原文言語を熟知した者であるべきです。中には、特に専門性の高い文書の場合など、同専門分野の知識を有する非ネイティブのチェッカーが専門用語を確認した後に、ネイティブによるプルーフを入れるというプロセスが必要となることもあるでしょう。

いずれにせよ、チェッカーが、翻訳者より能力が低い場合や(翻訳業界では、翻訳経験の浅い翻訳志望者に、まずチェッカーとして仕事をさせることがあります)、翻訳対象言語を母国語としない場合、最終修正は翻訳者が担当すべきと考えています。実際は、翻訳者へのフィードバックはほとんどないのが事実ですが。

チェッカーにとって重要なこと

  • 翻訳対象言語及び原文を熟知し、対象分野に精通していること。間違いや改善点を翻訳者に提示した上で、修正させること。翻訳者が正当な理由のもと、修正に応じない場合、その詳細を精査するこ
  • 最終成果物の品質に対する責任

プルーフリーディングと異なり、翻訳チェックは作業時間に応じた料金体系であるべきと考えます。それは、訳文の品質次第で、実際の作業時間が大きく異なるためです。

また、訳文の品質によっては、再翻訳するより長い時間を要する場合もあります。改善点が非常に多い訳文は再翻訳より難しいのです。よって、翻訳チェック料金の見積もりには、訳文と原文に先に目を通すことが必須となり、おおよその作業時間を予測した上で、概算で所要時間を見積もるという形になりますが、再翻訳の方がクライアントにとって有利となる場合はその料金を提示することで、どちらの作業を希望されるか判断してもらいます。

オスカー・ワイルド

午前中かけて自作の詩を読み直し、コンマをひとつ削除した。午後になってそれをもう一度戻した。

オスカー・ワイルド
作家、詩人、格言家

チェッカーの要件

訳会社はチェックの依頼をする際、まず何よりも、必要とされる作業内容を明確に理解し、その要件を満たすチェッカーを探す必要があります。チェック依頼時に重要なことや、チェッカーに必要な要件とはどのようなものでしょうか:

  1. 1

    まずはバイリンガルチェックなのかモノリンガルチェックなのかを明確にし、チェッカーに指示することが重要です。

  2. 2

    さらにチェックの目的及び範囲をチェッカーに明確に指示し、特に、翻訳の品質低下につながるような主観的な修正とならないよう、必ず翻訳者にフィードバックをかけ、最終的な修正を翻訳者にさせて下さい。

  3. 3

    チェッカーは多少の言語知識があれば誰にでもできるというものではありません。翻訳ができるレベルに達していない翻訳志願者に、勉強のためにチェックをさせたり、翻訳者より能力の低いチェッカーの修正をそのまま成果物に反映したりすることは危険です。

  4. 4

    チェッカーは翻訳対象言語を母国語とし、原文を熟知していることが望ましいですが、実際には、原文を母国語とし、翻訳対象言語を熟知またはある程度習得している翻訳者がチェックにあたることが多いです。その場合、ネイティブが翻訳対象言語の特性を重視した文体や表現を、原文からの直訳調に修正してしまうことがしばしばあります。誤訳や訳抜けの指摘は重要ですが、過度に手を加え改悪とならないよう気を付ける必要があります。

  5. 5

    チェッカーには、翻訳経験の長い優秀な翻訳者の中から、公平で適切なチェックができる人物を慎重に選択すべきです。経験豊富で多くの翻訳案件を常に抱えている優秀な翻訳者の中には、翻訳に比べ料金的に割安であり、しかも作業が煩雑なチェック作業をあまり快く受けて下さる方は少ないかもしれませんが、翻訳業界全体の品質向上のために義務感をもって誠実に対応してくれるチェッカーを人材として抱えることは、翻訳会社の宝になると考えます。

プルーフリーディングとは

ルーフリードとか単にプルーフと表現される場合もありますし、翻訳会社(特に日本の)によってはネイティブチェックと言うこともありますが、具体的な作業内容は、「訳文のみ」を読んで、文法的ミス、構文的ミス、誤字脱字、固有名詞や数字、時制や複数/単数の一致等をチェックすることです。

また最終成果物を見て、原稿と同じレイアウトになっているかの確認が含まれる場合もあります。用語のチェックは一切含まれません。よってプルーフリーダーが、対象分野の専門性を有する必要はなく、さらには、原文言語の知識がなくても問題ありません。プルーフリーディングに要する時間は、翻訳者が翻訳対象言語を母国語とする場合、訳文のワード数に比例するのが一般的です。

しかしながら、翻訳者が翻訳対象言語を母国語としない場合(我々の場合は多くの案件がこのケース)、プルーフリーディングだけでは不十分なことが多く、文章の流れがあまりに不自然な場合は、誤訳が推測され、原文との照合チェック、つまり翻訳チェック(ダブルリンガルチェック)が必要となってきます。我々の場合、日本人翻訳者がイタリア語に訳出したものをチェックすることがほとんどですが、文法的構文的ミスのみならず、表現や文体があまりに不自然で、最終成果物として適した訳文に仕上げるためには、全体の再翻訳が必須なケースも少なくありません。

このようにプルーフリーディングは、翻訳対象言語を母国語とする第三者が訳文のみを読んで修正を行うものです。各ソフトウエア(Word、Excel、InDesign等)にも自動文章校正プログラムが搭載されていますが、機能的に限界があるため、それだけに完全に頼ることは危険です。自動文章校正プログラムだけでは見落とされてしまうミスを見つけるのがプルーフリーダーの役割です。

プルーフリーダ―にとって重要なこと

  • 翻訳対象言語を熟知しておりそれを母国語としていること。

プルーフリーディングとは、翻訳チェック(Revision:バイリンガルチェック)の後に行う納品前の最終チェックと位置付けられるものです。

翻訳チェックに潜むリスク

訳とは、その分野にもよりますが、特に出版翻訳などは高い創造性が求められる職業でもあります。そしてそれぞれの翻訳者が異なる創造性のレベルを持っています。よって、同じ原文を10人の翻訳者に訳させると、異なる個性の文体による十人十色の異なる訳文が仕上がってきます。そして翻訳チェックでも同じことが起きます。これらの十人十色の訳文を10人の異なるチェッカーにチェックさせると、これまた十人十色の修正をしてきます。特にイタリア語には類義語が多く存在するため、様々な表現や文体が可能だからです。さて、最終的に仕上がった20の異なる成果物の内、どれが最も優れた訳であるかを誰が判断できるでしょうか。

何が言いたいかというと、翻訳チェックには、時に翻訳を改善するのではなく、改悪するリスクがあるということです。客観的な改善ではなく、チェッカーの主観的な修正は、翻訳の品質を落としかねません。よって、翻訳チェックの作業範囲を事前に定めておく必要もあると思います。そして翻訳者に必ずフィードバックすることも重要です。さもないとクライアントは無駄なコストをかけて、改悪された成果物を手にすることになる危険性があるからです。

ただ翻訳会社の中には、翻訳対象言語の知識がない場合は特に、訳文の品質評価が難しいため、同じ言語の他の登録翻訳者にチェックを依頼し、その能力を正確に評価することもなく、チェッカーの修正を疑うことなくそのまま最終成果物として納品してしまうところも少なくありません。

翻訳チェック、
プルーフリーディング料金

翻訳会社向けには特別料金
の設定があります。
お問合せ下さい。

サービス 料金
翻訳チェック(バイリンガル) 4000円/作業時間
プルーフリーディング 700円/200ワード

注意事項

  • 消費税8% が加算されます。
  • 一般向けの1案件の最低料金は4,000円となります。
  • 支払期限は、個人のお客様は納品後10日以内、法人のお客様は納品翌月末にてお願いします。
  • 支払方法は、指定口座への振込(振込手数料はお客様負担)とさせていただきます。

特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針

コンタクトフォームから、翻訳チェック・プルーフリーディングに関するご依頼およびお問合せを承っております。

翻訳チェック料金に関する注意

訳チェック(バイリンガルチェック)は、プルーフリーディング(モノリンガルチェック)のようにページ単価での料金体系はとっていません。一般的に翻訳業界では、チェック料金は、翻訳料金の50%程度と考えられているようですが、実は訳文の品質によっては、チェック料金が、翻訳料金を上回るケースもあります。安価な料金で請け負う翻訳者の訳文は、時に再翻訳した方が割安になることも少なくありません。よって、翻訳チェックに関しては、見積もり時に訳文と原文をご提示いただく必要があります。分量の多い場合は、作業時間は概算でしか提示できない可能性もあります。

チェック料金の安易な単価設定は、実際に要する作業時間に見合わないケースが多いばかりか、成果物の品質に影響するものです。つまり、作業に見合う料金ではなく、料金に見合う作業となり、丁寧なチェックがなされず、訳文を改善するという本来の目的が遂行されず、かえって改悪されてしまうリスクが潜んでいます。