翻訳者向けハードウエア及びソフトウエア

使用ハードウエア、ソフトウエア、翻訳支援ツール紹介ページ

プロフェッショナル翻訳者にハードウエア、翻訳用ソフトウエアも重要です。

プロの翻訳者にとって、作業仕様や納期の順守は、翻訳品質同様にとても重要な要素となります。直接のクライアントでも翻訳会社でも、一般的に納期順守には非常に厳格ですので、特に直前の遅延連絡は決してあってはなりません。

翻訳成果物をどのように保護しているのか

ンピューターは、周知の通り、様々なアクシデントが付き物です。それも、あってはならない時に限って、起こりがちなのではないでしょうか。我々、翻訳者は、短い納期に悪戦苦闘しながら、できるだけ完成度の高い翻訳を遅延なく納品するために、不慮のアクシデントにも対応できる状況を常に備えておく必要があるのです。

例えば、作業中のコンピューターに不具合が発生した時に、すぐにバックアップ用のコンピューターで作業を継続できる準備が大切です。このロスタイムを最小限に抑え、スムーズに作業を継続するために、Aliseo Japanが取っている対策をご紹介します。

まず、メンバー各自が、メインコンピューター以外に、バックアップ用コンピューターをすぐに使える状態でスタンバイさせてあり、これらすべてのコンピューターに同じソフトウエアがインストールされ、すべてのコンピューターがLANで繋がれています。そうすることで、メインコンピューターの不具合に遭遇してもロスタイムなく作業を継続することができます。

クラウド上へのリアルタイムのバックアップ以外に、1日に何度か(重要な案件の作業中には1時間ごと)、作業中のデータファイルを、外部ハードディスクとLANで繋がれたすべてのコンピューターにバックアップ>しています。

だいたい3年を目安にネットワーク内のコンピューターを順次、新しいモデルに置き換えています(負荷の多い使い方をする場合の平均耐久年数が3年といわれています)。

急な停電時にも仕事を継続できるよう、現在使用しているのはすべてラップトップのコンピューターで、それらを外部モニタに接続しています。

長い停電(日本では長時間の停電はほとんど発生することはありませんが、2011年の東日本大震災の際は、計画停電により通信もすべて途絶えてしまった経験があります)の際は、ミニソーラー設備により、短時間で2台のラップトップや携帯電話を充電できる準備をしています。

私達の安全はお客様の安全

刻なハードウエアのトラブルが発生しても、作業を継続できること、どのような状況でも少なくともひとつのコンピューターが稼動し、お客様とのメールによる連絡がオンタイムで可能であること。

それらの最低限の条件を保証できるよう意を尽くしているのは、我々を信頼して仕事をご依頼いただくお客様に、こちらの技術的な不具合でご迷惑をかけることが決してないようにという思いからです。

昨今の翻訳事情として、特に技術的文書の翻訳において、翻訳支援ソフトを初めとし、翻訳に役立つ各種ソフトウエアは必要不可欠なツールとなってきています。右ページでは、Aliseo Japanが使用しているソフトウエア及びハードウエアのPC環境をご紹介します。主要ソフトウエアについては、常に最新バージョンに更新するようにしています。

中にはかなり高額なこれらソフトウエアの最新バージョンを揃えることは、特にフリーランス翻訳者にとって、大きな経済的な投資となりますが、クライアントのニーズに応え、満足していただけるサービスを提供したいという、仕事に対する真剣度を示すものでもあるのではないでしょうか。